神奈川県座間市相模が丘のピアノ、ボーカル教室
〜ヤマカワ・ムジカ・シューレ〜の日記です。
レッスンでの子供達の成長や日々のゆるり生活を綴ります。
勉強会
 今日はピアノの勉強会に行ってきました。
子供ができてから、勉強会に行くことができずにいましたが、
主人が息子をみてくれるとのことだったので、お言葉に甘えて行くことができました。
感謝感謝

ピアノのことだけではなく、未来の子供たちへの教育、教育者の目標など、
とても勉強になる時間でした。


音楽 comments(0) trackbacks(0)
カテドラル聖マリア大聖堂
 今日は、主人が参加しますレクイエムの演奏会があり、目白にある『カテドラル聖マリア大聖堂』に行ってきました。
教会と聞いていたのですが、かなり大きな教会でビックリ致しました
そして目の前が椿山荘だったので、おのぼりさんになってキョロキョロ。

お客さんも多く700〜800人程入っていたのではないかと思われます。

教会の中は、天井がとても高く、とにかく広く、声が響き渡る感じでした。
演奏が始まり、教会じゅうに響く歌声は美しく癒されました。

主人はソロだったのですが、私のお腹のベイビーが突然動きまくり、
声が分かるのか、ちょっとビックリして演奏に集中できなかった



教会の中は撮影禁止だったので、外から。



外にマリア様が。
音楽 comments(0) trackbacks(0)
八千代座
 2011.12.23 八千代座にて100周年記念イベントに出演して参りました。
聴きに来て下さいましたお客様、スタッフの皆様ありがとうございました。


八千代座は、明治43年に建築された芝居小屋です。老朽化が進み一時は閉鎖状態が続いた頃もあったそうですが、復興へ向けて様々な活動をすることにより、昭和63年国重要文化財に指定されたそうです。
そして市民の手づくりで行われた「坂東玉三郎舞踊公演」にて、
八千代座が創り出す空間のなかで、華麗に舞う玉三郎丈の舞台のすばらしさに観客は魅せられ、この公演が復興への大きな追い風となり、八千代座の名前を全国に広めることになったそうです。

そんな素晴らしい舞台に立つことができ、感謝感激の時間でした。



音楽 comments(0) trackbacks(0)
オペラと歌舞伎
 今年のクリスマスは、歌舞伎舞台『八千代座』の100周年の記念イベントで、
家の主がオペラと朗読のコラボレーションで演奏するため、どのような舞台演出にするか考え中。

私は伴奏。

朗読は俳優、演出家である森山太さんにお願いしており、すごく楽しみ。

どんなコラボになり、何が生まれるのか今からドキドキします









音楽 comments(0) trackbacks(0)
ピアノ調律
 今日はピアノの調律を半年ぶりにしました。
梅雨の時期を乗り越え、頑張ってきたピアノ君ですが、
もう限界でしたのでお願いしました。

湿気であっという間にダメになるピアノ君ですが、人間と同じです。

人間も湿気に弱いですし、陽に当たりすぎるのもダメですし、
相手にされないのもダメです。
全く我々と同じです。

メンテナンスをされたピアノ君はとても元気な音になりました。
人間で言うと、美容院に行って綺麗にスッキリとした時の心と同じような音。



強く伸びる弦。美しい。



美しい。



音楽 comments(0) trackbacks(0)
『「天才」の育て方』 を読んで
五嶋みどりさん、五嶋龍さんの母、五嶋節さんが綴った本

 『「天才」の育て方』 

ふと目に止まり、購入。
あっという間に読み終わり、何だか肩の力が抜けた。
それが、読み終えた瞬間の感想。

一度も彼らの演奏を生で聴いた事がなくて、
今度チャンスがあったら、演奏会にいきたいなと思います。
とっても素敵でたくましい母に育てられた彼らの演奏を是非とも。





アホンダラ、くそったれ。愛のつまった本。













音楽 comments(0) trackbacks(0)
イタリア歌曲
 今日は、歌い手の方の伴奏でレッスンに行って参りました。

今日の曲はイタリア歌曲。

いつもは、オペラのアリア曲ですが、久しぶりにイタリア歌曲を弾き、
すごく良い曲だなぁ〜と思いながら弾いていました。

イタリア歌曲というと、基本となる曲で、高校の時によく歌専攻の友達が歌っていました。
だからなのか、基礎曲みたいな意識が私のなかにありましたが、
その考えは大間違いであったと反省しました。
素晴らしい曲ばかり





誰もが憧れる歌声、マリアカラス。




音楽 comments(0) trackbacks(0)
リトミック
久しぶりのリトミックの日でした。

子ども達は本当に可愛い。
自由で無邪気で元気いっぱいで。

でも彼らはずっと自由にしているのではなくて、ピアノの音が聞こえてくると、
身体全部を使ってリズムや音に合わせて、歩いて走って止まって反応して考えて
小さな身体で本当に優秀です











音楽 comments(0) trackbacks(0)
ピアノ指導者セミナー
今日はとっても良いお天気でした。
半袖の人もいたぐらいですTシャツ

そんな青空の中、ピアノ指導者のためのセミナーに行ってきました☆

どんなお仕事をしている人も同じだと思いますが、日々勉強であり、常に何か足りなさを感じ、どうすれば…と考え模索したり生み出したり。


今日のセミナーは、常にワクワクし通しでした。
中でも、ピアニスト遠藤郁子先生の演奏によるショパンの「雨だれ」は、自分でもびっくりするくらい涙が止まらなくなりました。

表現者として、指導者として、音の魂を探求し続ける。


頭でっかちにならないように、自分なりに探し育てていきたいと思います♪


音楽 comments(0) trackbacks(0)
最近の楽譜
 最近の子ども達のための楽譜は…というか、私が習ってきたものが違うだけなのか、
すごくカラフルで楽しい。
たくさんの教材がありすぎて、楽譜コーナーに行くとついつい居座ってしまう。
私が子どもの頃に習った教材は、楽譜だけ載せてあり、かなりシンプルでありました。
それはそれで、大人の気分になれて嬉しかったような。。

私が子ども達に導入で取り入れる教材はバスティン・メソ−ド。
本当にたくさんありすぎて迷いますが♪

子供たちが、音楽を楽しく学べて、大好きになれますように。
夢のある教材をこれからも楽しみにしてます!



音楽 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |
ピアノ教室@navi